1987
世界初となる
NAND型フラッシュメモリを発明※NAND型フラッシュメモリ量産(1991年)
2017
96層積層プロセスを用いた三次元フラッシュメモリを開発

SKIP

人類のメモリ。

SCROLL

太古の壁画から中世の活版印刷、現在のデジタル環境にいたるまで。人類の進化は、記録の進化と言っても過言ではありません。20世紀末、東芝が発明した世界初のフラッシュメモリによって、人類の可能性はさらに大きく広がりました。そして今、21世紀初頭、IoTとAIの時代へ。爆発的にふえるデータ量に、私たち東芝メモリ株式会社は日本発の三次元フラッシュメモリで挑んでいきます。メモリを小さくすることで、世界を大きく広げていく。私たちの新しい冒険は、はじまったばかりです。

1987
世界初となる
NAND型フラッシュメモリを発明
※NAND型フラッシュメモリ量産(1991年)
2017
96層積層プロセスを用いた
三次元フラッシュメモリを開発

TVCM「人類のメモリ。」篇

メモリがひらく未来

大容量化、低消費電力、小型化。
メモリが、さまざまなテクノロジーの進化を支え、
人類の可能性をひろげていきます。

  • たとえば、スマートフォンの進化。
  • たとえば、タブレットの進化。
  • たとえば、VRの進化。
  • たとえば、医療機器の進化。
  • たとえば、自動運転の進化。
  • たとえば、ロボットの進化。
  • たとえば、データセンターの進化。

冒険者、求む。

研究開発、エンジニア、営業スタッフ。
職種を問わず、世界を変える仲間を求めます。

採用情報はこちら