Statement of Environmental Philosophy環境方針

理念

東芝メモリ株式会社は、東芝グループの環境基本方針である「"かけがえのない地球環境"を、健全な状態で次世代に引き継いでいくことは、現存する人間の基本的責務」との認識に立って、東芝グループ環境ビジョンのもと、豊かな価値の創造と地球との共生を図ります。低炭素社会、循環型社会、自然共生社会を目指した環境活動により、持続可能な社会の実現に貢献します。

方針

東芝メモリ株式会社は、環境への取組みを経営の最重要課題の一つと位置づけます。モノづくりにおいては、NAND型フラッシュメモリ及びSSD製品の設計・製造における環境負荷の低減を経営と調和させながら積極的に行います。そして、全ての事業プロセスにおいても、ライフサイクルの視点に立って環境に配慮した企業活動を実践し、NAND型フラッシュメモリ及びSSD製品の提供と組み込まれた機器の省エネ・省資源により社会に貢献することを目指します。

1.順守義務(コンプライアンス)と持続性(サステナビリティー)

  • 1)モノづくりにおいては、環境保全への取組みを経営の最重要課題の一つと位置づけ、経済と調和させた環境活動を継続的に推進します。
  • 2)法令、当組織が同意した業界などの指針および自主基準など当組織の環境側面に適用可能な法的及びその他の要求事項を遵守します。
  • 3)環境活動レベル及び環境パフォーマンスの向上を図るため、監査の実施や活動のレビューにより環境マネジメントシステムの継続的な改善を行い、効果的な運用を推進します。

2.実行(エクセキューション)

企業活動の実行においては、全ての事業プロセスにおける環境側面について、生物多様性を含む環境への影響を評価し、環境負荷の低減、汚染の防止、省電力型製品などの設計・開発に関する環境目的および目標を設定して、積極的な環境施策を展開します。

  • 1)高容量化、小型化、省資源化による製品開発、製品の環境事前評価、および原材料の適正管理と使用量削減を行い、NAND型フラッシュメモリ及びSSD製品の社会への提供を通じ、社会の環境負荷低減に取組みます。
  • 2)省エネルギー技術の開発、生産性の向上、動力及び製造設備を中心とした省エネルギーなど、温暖化ガス排出量の削減施策の実施により地球温暖化防止を推進します。
  • 3)循環型社会構築のために生産性の向上、省資源型技術の開発など、3Rの取組みを積極的に進めます。水資源の有効活用の観点では、豊かな木曽水系の水資源を大切に使い、きれいにして自然に還します。
  • 4)使用する化学物質の管理ならびに特定した化学物質の削減に係わる技術の開発、取扱量及び環境排出量の削減施策の実施により環境リスクの低減を実現します。
  • 5)生物多様性の保全を行うために、事業活動が生物多様性に及ぼすかかわりを把握し、生物多様性に及ぼす影響の低減を図り、また、社会貢献活動を推進します。
  • 6)環境広告・展示会やメディアを通じたNAND型フラッシュメモリ及びSSD製品の省エネルギー技術などの情報発信や、地域・社会との協調連帯により、ステークホルダーとの相互理解の促進に取組みます。
  • 7)組織の従業員の環境意識を高め、環境に配慮した企業活動を従業員全員で実行します。

この環境方針は、社内外に開示するとともに本組織で働くすべての人々に方針を周知し、方針に沿った企業活動を推進します。

2017年 7月 1日

東芝メモリ株式会社
環境経営責任者
成毛 康雄

会社情報

別ウィンドウで開きます。