R&D Vision開発ビジョン

未だ見ぬ革新を生み出すために

集まった情報をリアルタイムで解析し、ビジネスへ展開するために、メモリ製品の役割がますます重要になってきました。東芝メモリは、メモリの研究開発から量産までのさまざまな分野で未踏の最先端領域を追求し、IoT時代に貢献する価値ある技術を創造します。

メモリ製品の開発や製造では、電気電子に関する技術以外にも、生産工学、機械、物理、化学、バイオ関連などの技術を必要とします。異なるバックグラウンドの頭脳が集結し、豊かな発想、高いレベルの専門知識、探究心とやり遂げる熱意が融合して最先端のメモリが誕生します。

最先端メモリを支える6つの分野

研究開発:メモリデバイスや新しいプロセスモジュールの開発・提案、マーケティング/企画:製品開発のための市場分析と顧客需要の発掘、設計:システム・ソフトウェア・電子回路・回路レイアウトの設計、試作/パッケージ:複雑な回路パターンの転写とパッケージ開発、評価:出荷前の製品機能テストおよび顧客要求に対する評価、量産:量産化のための生産技術開発と品質検証の解析

会社情報

別ウィンドウで開きます。

会社情報