Interview先輩社員の声

研修時に得た貴重な経験を活かし、
製品開発を包括できる
半導体技術になる。

江口 陽平
本社大船分室 cSSD技術 第一担当
理工学専攻/2014年度入社

私が東芝を選んだ理由

一番の理由は、一人の学生に対する手厚いサポートが印象的だったことです。他の会社ではなかったことが、東芝にはあったので安心して就職活動することができました。またジョブマッチングという意味で、自分に合う部署を探してもらえたり、自分が志望したりすることができるのも学生にとっては嬉しい点です。

試作開発の調整役であり…解析技術者であり…

江口 陽平

cSSDとは、コンシューマ向けSSDのことで、私は試作開発のスケジュール管理を行っています。このSSDは、量販店などで販売されているパソコンに搭載されています。試作スケジュール管理では、限られた部材や納期でお客様からの要求を満たすための最適な方法を調整していく仕事。具体的には、営業を通じて入ってくるお客様からの仕様や数量などの要求項目を工場に指示します。それに対して、工場から提出される見積の妥当性を検討したり、見積調整を依頼したりします。

また、不具合の解析業務も行っています。評価チームから報告を受けた不具合の内容に関して徹底的に原因を追求します。試作工程に入る前に、オシロスコープやパソコンの専用ツールを使い、エラーの原因を検証します。言わば、周囲とのコミュニケーションをはかる技術的な調整役と、根を詰めて行う解析技術担当の二足のわらじを履いています。

江口 陽平

SSDの将来を見据え自分自身も成長を

学生時代の研究は半導体関連。しかし、就職はこの業界だけに絞っていたわけではありません。就職活動中に、リエゾンの方から東芝の社風や半導体業界における技術力の高さなどについて、力強く、しかも分かりやすく説明を受けたことで、ベクトルが定まったように思います。もちろん、私自身も半導体業界の動向や競合については多少知識もあり、日本企業の中でも世界と対等に闘えるのは東芝がアドバンテージを取っているという思いもありました。そして、その思いは入社してみて現実だということが明確になりました。

SSDはまだコスト的にも高く、これからが本当の勝負の製品だと思います。まして、世界と対等に勝負するという意味では、コスト競争力があり、知名度も高く、誰もが使いやすいデバイスであることが大切になるでしょう。これからのSSD開発に向けて、優れた技術を豊富に持ち、未来を拓く技術者がたくさんいる東芝で仕事ができることにやりがいを感じます。

高校の恩師との出会いがターニングポイント

入社一年目、四日市工場で現場研修がありました。メモリについての講習があり、もちろん工場見学があり、世界最先端の技術が結集した工場のすごさを体験。またその期間中には、私にとってたくさんの初挑戦があり、貴重な経験もしました。現場作業に慣れてきた頃、私が一ヵ所確認を怠ったために装置がストップしてしまい、半日近く作業をストップさせてしまったのです。確認作業の大切さを痛感した貴重な経験でした。さらに、現場が24時間体制の交代勤務制であることにも衝撃を受けました。開発拠点であり、製造の拠点でもある四日市工場で働く人は、厳しいですが優しい人たちばかりで、情熱をもって世界に挑み続けていることを実感させられた研修でした。

高校時代に出会った物理の先生のおかげで、電気が好きになり大学で半導体を志すようになった私です。そして今、半導体技術者として多くの知識を吸収している途上にいます。10年後は、製品開発をとりまとめるリーダーとなり、最先端の東芝半導体製品を提供できるようになることが目標です。

学生のみなさんへ

東芝を牽引していると言っても良いメモリ事業で、SSD事業は東芝をさらに後押しできる存在になり、成長が期待できる事業だと思います。また、世界的にも注目されている事業の一つであることは確かです。東芝でたくさんのことを吸収し、皆さんと一緒に“やりがい”を共有したいです。

オフの日の過ごし方

オフの日の過ごし方

休暇中はテニスをしたり、得意なマジックを磨いて友人の結婚式で披露したりします。

オフの日の過ごし方

(掲載日:2016年2月29日 所属・役職・仕事内容は掲載当時のものです。)

採用情報

別ウィンドウで開きます。

採用情報