Interview先輩社員の声

自分の能力を海外でも試したい。
東芝が絶好のチャンスを
演出してくれた。

菅 悠美
本社大船分室 メモリ応用技術第一部 メモリ応用技術第二担当
物理学専攻/2013年度入社

私が東芝を選んだ理由

「新しいものづくりで世に貢献したい」「活気ある会社で自分自身が成長していきたい」この2つの観点で就職活動し、最終的に東芝に行き着きました。説明会や見学会でお会いした方と話すうちに、その思いはより強まりました。選考が進むにつれて、どんどん東芝に惹かれていったのを、つい昨日のように憶えています。

広く深く知識を身に付け、各方面の技術サポートを

菅 悠美

私は、スマートフォンやタブレットに代表されるモバイル機器向け組み込み式ストレージメモリで、JEDEC標準規格Interfaceを採用するe−MMCやその後継となるUFS(Universal Flash Storage)の技術拡販をお客様に行う応用技術を担当しています。具体的には、お客様の要求を把握し、ユーザが満足するNAND製品を企画して製品の仕様を作成します。提案した製品に対し、各関連技術部門の取りまとめを行い、営業と連携して競合他社よりも早く認定を獲得するよう努めます。何らかのトラブルが発生した場合には、営業部門、現地法人、各関連技術部門、工場側とも連携して問題解決に向けて動きます。基礎的な製品知識を広く身に付けておくことが求められる仕事で、それがお客様や各分野の技術サポートにつながると感じています。お客様と社内の各技術部門との橋渡し役として活動し、献身的にサポートを続けた結果、お客様から「これからも東芝製品を使っていきたい」との言葉を頂いた時が何より嬉しいです。

菅 悠美

臆することなく海外現法と英語で会話

学生時代は生物物理を研究し、研究職を続けるのであればその道の選択肢もありました。続けないのであれば、違った分野でさまざまな人と接する技術者を目指そうと思い、応用技術を志望しました。そして、選んだのが未経験の半導体分野です。二年間の評価技術部門での実習を経て、現在応用技術部門内で欧米担当に就いています。英語でのコミュニケーションは必須で悪戦苦闘の毎日ですが、なるべくメールだけに頼らず、週に一度は現地法人の技術者と電話会議の機会を設け、会話で意思疎通をはかっています。東芝は日本でも有数のグローバル企業ということで選んだ会社ですから、応用技術部門でもいずれは英語を使い、海外のお客様を相手に仕事をしたいと思っていました。特に欧米は、私自身もランニングで使うウェアラブル端末などの最先端技術が随所で凌ぎを削っている技術開発競争の激しいエリアです。時代の先端をいく海外の新しい市場をこの目で見て、ますます経験を積んでいきたいです。その欧米地域を担当することができ、今はとても嬉しく思っています。

人を育てる会社には、将来を見据えた一体感がある

東芝に入社してみて思ったこと、それは何と言っても周りへの手厚いサポートです。教育体制がしっかりしていて、人を育てるための人的・時間的投資を惜しまない会社だと思います。東芝の人を育てる姿勢が、皆が一丸となって上を目指そうとする東芝の社風にも現れているように感じます。

海外現法からの問い合わせに対しても、迅速且つ適切な対応ができ、お客様や現地技術担当にも信頼される応用技術者になることが私の目標。そのために大切なのは、コミュニケーション能力とともに幅広い製品知識を身に付けることであると思います。この二つを上手く融合させてお客様からの要望を汲み取れれば、新しいビジネスの発見に結び付くはずです。そうして、次々と新しいものづくりに挑み、今は想像もつかないことを実現していきたいと思います。

学生のみなさんへ

学生の皆さんにとって、就職活動は初めての社会経験と言って良いと思います。また、今までの自分とじっくり向き合えるチャンスであることも確かです。ですから、決して流されることなく真剣に向き合って欲しいと思います。そうすれば、後悔することなく、きっと次のステップに進めるはずです。

オフの日の過ごし方

オフの日の過ごし方

休日はランニングをして汗を流しています。

オフの日の過ごし方

(掲載日:2016年2月29日 所属・役職・仕事内容は掲載当時のものです。)

採用情報

別ウィンドウで開きます。

採用情報