Interview先輩社員の声

メモリの品質信頼性向上に神経を注ぐ毎日。
将来は、海外で得たノウハウを
日本で生かしたい。

横田 智彦
本社大船分室 メモリ品質信頼性技術 第一担当
エネルギー量子工学専攻/2013年度入社

私が東芝を選んだ理由

量子力学や物性物理学を学ぶ過程で、半導体関連の仕事に興味を持つようになりました。メモリは微細化への限界が近づき、開発が難しくなっているので、次世代製品の開発が不可欠であることを、就職活動を通じて知りました。その難題に挑むことができる技術力と体力があるのは東芝しかないと思い選びました。

製品が市場に出る前に厳しい目を光らせる

横田 智彦

私が所属しているメモリ信頼性技術部とは、フラッシュメモリの信頼性評価を実施し、製品の品質信頼性を確保するところです。また、製品出荷の判断も行います。市場に出した製品が不具合を起こさないよう、東芝の厳しい基準で判断します。実際の判断では、評価結果と技術的見積りから非常に慎重な判断を迫られる場合も少なくありません。品質・信頼性を向上させるために、プロセス改善やスクリーニングなどを駆使し、お客様のもとで問題が起こらないことを最優先に考えます。現在は、BiCS FLASH製品の信頼性評価を行っていますが、従来の不良メカニズムの知見が適用できない事例もあり、適正な評価手法を構築すべく日々努力しています。また、不良メカニズムを仮定し、綿密な実験計画を立てて評価プログラムを作成し、膨大なデータを吟味しています。このような緻密で重圧のある仕事ですが、やりきった時の達成感はひとしおです。

横田 智彦

大好きなゴルフはコミュニケーションの場

東芝は良い意味で年齢の壁が無い会社だと思います。新人に対しても意見を述べる機会を与え、上司や先輩もそれに真剣に耳を傾け意見交換します。そして、私のように違う技術部門から異動してきたばかりの新人技術者にも、当たり前のように仕事を任せます。人間は、任されると期待されていると思いますから、自然とモチベーションが向上します。仮に仕事で失敗しても先輩や上長がケアしてくれるので、思い切ったトライができるのも醍醐味。また、上下の隔たりなく会社の仲間と一緒にレクリエーションすることもあり、オンとオフのメリハリがある会社だと思いました。「趣味はゴルフ」と宣言して以来、実習先の方からラウンドに誘われたり、事業部主催の大きなコンペにも参加したりします。技師長や部課長とは、普段ゆっくり会話をする機会もないので、このような場でコミュニケーションすることで、スムーズに仕事の話が進められるようになりました。

スキルアップのために海外勤務も視野に

学生時代の自分を振り返ってみれば、業界を絞らずもっとたくさんの企業を見て見聞を広めても良かったと感じています。学生という人生で貴重な時間を過ごす時に、新鮮な気持ちで多くの企業や、その企業で働く人の仕事ぶりを見ることは、決して無駄にはならないでしょう。見聞を広めるという意味で言うと、私は将来、海外で仕事をしたいと思っています。海外のお客様と直接コンタクトして技術サポートを行い、製品の売り込みにも取り組みたいと思っています。大きな海外のマーケットで自分の実力を試すチャンスがあれば積極的に挑戦し、日本に戻ってからより強い戦力として活躍したいと思います。さまざまな経験を積むことで、基本知識と応用力、コーディネート能力やコミュニケーション能力を自分のものにして、ウイークポイントのない技術者になることが目標です。

学生のみなさんへ

メモリ事業部は、東芝全体の大きな柱の一つです。周りからの期待も大きく、やりがいを感じる仕事です。半導体業界は、変化のスピードが速く刺激的。また、会社に入ると学生時代に思っていた以上に、仕事に関する背景知識の理解が重要になりますので、研究成果はきっと入社後に役立つはずです。

(掲載日:2016年2月29日 所属・役職・仕事内容は掲載当時のものです。)

採用情報

別ウィンドウで開きます。

採用情報