Interview先輩社員の声

尊敬する東芝人の背中を追い
憧れの東芝へ。
目指すは、回路設計のスペシャリスト。

吉田 みづほ
本社大船分室 アドバンストメモリ設計担当
電子工学部/2013年度入社

私が東芝を選んだ理由

就職活動始める前から東芝に就職したいと思っていました。その理由は、尊敬する自分の身内が東芝の社員であったこと。東芝は女性が長いスパンで働きやすい会社だという印象がありました。就職活動を始めてからは社員の人柄に好印象を受け、東芝への思いがますますエスカレートしていきました。

昇圧回路設計で常に挑戦を繰り返す

吉田 みづほ

三次元フラッシュメモリ(BiCS)製品の設計業務には、周辺回路における昇圧回路設計という作業があります。メモリの書き込み、消去、読み出しという3種類の主要動作を制御する周辺回路において、外部から供給される電源を基に何種類かの電圧を作る回路が昇圧回路です。例えば、狙っていた10Vの電圧を作る時、わずか0.5Vずれただけでチップの信頼性や寿命に影響を及ぼしてしまいます。BiCS製品開発最大のテーマは「低消費電力化とチップ面積縮小」ですから、昇圧回路の設計では、この二つの要件でバランスを見ながらの設計作業になります。この仕事では、世代が一つ進むごとに新しい挑戦が求められます。回路を少しでも小さくして電力消費を押さえるのが最大のテーマですが、次の世代ではさらに新しい目標を設定して同じテーマに挑戦しなければなりません。設計したすべての昇圧回路が動いているか、もし休んでいる回路があれば、それらを利用して違う動作に割り当てるなど、常に新しいアイディアを考案しなければなりません。私は、この昇圧回路設計者として日々奮闘しています。

吉田 みづほ

気軽に話せるメンバーがそばにいることは心強い

就職活動中は、さまざまな会社を受けました。会社ごとにそれぞれ特徴があり、魅力的に思うこともありましたが、なかでも東芝の社員の方々はとても温厚で、優秀な方が多いという印象でした。現在所属している部署も話しやすい職場で、頼れる優秀な先輩がたくさんいます。そのような先輩技術者の皆さんと一緒に仕事ができるので、毎日が充実しています。

私が担当している昇圧回路は4人で一つの製品を担当していますが、チームのディスカッションは不可欠です。それぞれが課題を持ち寄り、解決に向けてのアイディアを出し話し合うので孤独感はありません。もちろん、自分で文献を調べて答えを導くことも重要ですが、限られた時間で作業をこなすにはチームワークが大切だと思います。

高校時代からの東芝への思いが電気系職種で現実に

私は学部卒ですが、学生時代の研究では半導体とは関係ない電力関係の研究室にいました。短期間ですが、スマートグリッド関係の研究の経験もあります。また、親戚に東芝の社員がいて、高校生の時から「女性が働きやすい職場」ということを聞いて東芝に憧れていました。憧れの東芝に入社するためには、大学でどの専門性を追求するべきかを考え、電気系か機械系の選択肢がありましたが電気の方が選択の幅が広がると思い電気工学科に入りました。

入社して配属が決まり、親戚の言葉に納得しました。開発メンバーで仕事をしていると、接し方が温厚でいながら、専門知識の豊富さにいつも敬服してしまいます。同時に、相手の話にもしっかり耳を傾け、自分の主張を明確に述べることができます。そのような先輩の下で働けることは、とても恵まれていると思います。しかし、そのような恵まれた環境で甘んじていては自分の成長はないと思います。今は4人チームで一つの回路を扱い、ペアで私は下の位置付けですが、将来は自分が上になって一つの回路を担当したいと思います。

学生のみなさんへ

大学での4年間もしくは6年間と、その後働く20年、30年は比較になりません。確かに、半導体専攻でその知識を持って入社する人もたくさんいますが、入ってからでも同等またはそれ以上の活躍は十分できると思います。海外のライバル会社を相手に、私たちと一緒に頑張りましょう。

(掲載日:2016年2月29日 所属・役職・仕事内容は掲載当時のものです。)

採用情報

別ウィンドウで開きます。

採用情報