Interview先輩社員の声

女性が働きやすい職場で、
充実の東芝ライフ。
目指すは材料技術のスペシャリスト。

中岡 園江
四日市工場 アドバンス・微細加工開発第一担当
化学専攻/2013年度入社

私が東芝を選んだ理由

NAND型フラッシュメモリの世界的なリーダー企業として、世界最先端の技術力を持っているからです。しかも福利厚生が充実し、女性が働きやすい環境である点を重視しました。また、教育体制が整っていて、半導体関連の教育や語学研修、さらにプレゼンテーション教育なども魅力的でした。

リソグラフィ技術に求められる新しい材料を

中岡 園江

大容量化を目指す3Dメモリの開発では、今までにない新しい技術が数多く関与しています。回路パターンを転写するリソグラフィ技術でも、新しい材料が必要になりました。私は、そのプロセスの開発に取り組んでいます。材料メーカに要望を伝え、新たな材料を提案してもらいます。メーカでの評価はもちろん、部門内でも評価を繰り返し、私たちが求める性能を満たす材料を選定。最終的に量産部門に移管するところまでが私の仕事です。評価作業では、サンプル作成、測定、データ解析までの一連の流れを担当します。

3Dメモリは、何段もパターンが積み上げられているイメージです。その1段1段はリソグラフィとエッチングを繰り返して作られます。パターンを作っては削りの繰り返しですが、同じようなパターンをきれいに作るには相当な技術が必要です。正直に言って、初めは自分にできるか不安でしたが、先輩技術者の手厚い指導とサポートを受けながら、難しい作業もなんとかこなせるようになりました。東芝は、このような難題も若いうちから経験させる会社です。

中岡 園江

四日市工場のすごさをこの目で確かめる

私は化学を専攻していたので、就職は化学メーカばかりに目が向き、当初は化学と半導体はどうも結び付きませんでした。しかし、教授が東芝を推薦してくれたこと、先輩が半導体メーカで働いていることなどで心が傾きました。数ある半導体メーカの中でも、私が抱いていた東芝のイメージは、NANDフラッシュメモリが「とにかくすごい」に尽きます。技術者の研究実態や、24時間365日稼働の工場までは想像できませんでしたが、実際に四日市工場を見てみると、完全自動化されている部分もあり、世界最先端と言うにふさわしい技術を随所に垣間見ることができました。また、入社してみて女性としての働きやすさを実感します。私は女子大出身なので、男性が多い環境に慣れておらず不安でしたが、先輩たちの心配りや接し方が温かく、打ち解けるには時間がかかりませんでした。仕事では厳しい指摘もあり、仕事以外では部署の飲み会や女子会などもあり、休暇も取りやすく好きな旅行にも出掛けられ、メリハリのある東芝ライフを送っています。

知識と経験を重ねることで得られるものがある

大学の研究室時代は、週6日、朝から夜中まで、3年という年月のほとんどすべてを化学の研究に捧げたと言っても過言ではありません。そこで身に付いた粘り強さは、確かに今の開発業務に活かされていると思います。とは言うものの、まだまだ知識不足、経験不足。仕事をしながら、勉強させてもらっているという方が適切でしょう。しかし、将来は材料のプロになることが目標です。自分で評価して量産化できた材料は、まだ一材料だけです。技術力と知見を重ね、量産移管できる材料を増やすことができれば、解明できる工程も増えるはずです。材料に関するどんな質問を突きつけられても「私に任せてください」と言えるようになりたいと思います。

学生のみなさんへ

東芝は、半導体研究の出身者と、私のように何も解らずに入ってきた者の両方を平等に扱い、同じくらい仕事が割り当てます。もちろん教育もしっかりしているので、熱意があれば知識がなくても心配無用。でも、コミュニケーション能力と英語力は自分の味方になってくれるので、身に付けておくと良いと思います。

オフの日の過ごし方

オフの日の過ごし方

会社の仲のよい同期と集まってバーベキューをして楽しんだりしています。

オフの日の過ごし方

(掲載日:2016年2月29日 所属・役職・仕事内容は掲載当時のものです。)

採用情報

別ウィンドウで開きます。

採用情報